NEWS

フューチャーショップ、「futureshop」で構築されたECサイト上でインスタグラムの写真を自社サイトに活用できる「visumo」と連携強化。

トップページニュース

フューチャーショップ、「futureshop」で構築されたECサイト上でインスタグラムの写真を自社サイトに活用できる「visumo」と連携強化。

2020.06.23

futureshop プレスリリース


フューチャーショップ、「futureshop」で構築されたECサイト上でインスタグラムの写真を自社サイトに活用できる「visumo」と連携強化。

UGCマーケティング取り組み強化を図るEC事業者に、futureshop利用者特別プラン「visumo social curator for futureshop」提供開始。


SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供する株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野 裕子、以下フューチャーショップ)は、株式会社visumo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 雅也)が提供する、インスタグラムの写真を自社サイトに活用するソリューション「visumo」との連携を強化しました。

今回の連携強化により、「futureshop」、「futureshop omni-channel」(以下、総称としてfutureshop)をご利用中のEC事業者さまは、futureshop利用者向けのvisumo特別プラン「visumo social curator for futureshop」を2020年7月よりお申し込みいただけます。また、「visumo」との連携同様、システム開発の必要なく導入が可能です。

ファンがインスタグラムで発信したコンテンツを自社ECで活用!

「visumo social curator for futureshop」を導入すると、下記のメリットがあります。

1.自社ECでインスタグラムコンテンツの活用強化

visumo social curatorの管理画面からインスタグラムの静止画や動画(以下、コンテンツ)とfutureshopの商品を紐づけできます。ECサイトへの掲載は、システムから発行されたタグを埋め込むことで実現します。CSSで見た目の調整ができ、サイトデザインに溶け込む形でコンテンツを掲載できます。

たとえば、アパレルや雑貨・家具であればコーディネート例などを自社ECに掲載することで、ブランドの世界観を表現したり、商品の活用例が伝わりやすくなります。コンテンツをタップした際もインスタグラムに遷移せず、自社ECサイト内で表示されるため、ECサイトからの離脱を防ぎます。

商品情報の紐づけ作業も、効率化が図られています。futureshopの商品マスターから商品情報が自動連携されるため、紐づけ作業のための下準備が必要ありません。

2.インスタグラムで配信した動画をECサイト上に掲載可能

インスタグラムのフィードやIGTVにて配信した動画をECサイトに表示できます。商品の良さがより伝わりやすい動画を掲載することで、コンバージョン率向上が期待できます。

3.インスタグラム上のユーザーコンテンツの検索、利用許諾管理が行える ※オプション機能

タグをキーワードにした検索や、投稿者へのコンテンツ利用許諾依頼などを管理画面から行えます。
ブランド側の情報発信だけではなく、ファンが商品を生活に取り入れているコンテンツを自社ECサイトに掲載することで、さらなる商品訴求が実現できます。

この「visumo social curator for futureshop」は、ブランドのファンがインスタグラムで発信したコンテンツを活用する
UGC(User Generated Content)マーケティングに取り組みたい、現在実施している中で効率化を図りたいとお考えのEC事業者さまには選択の1つとなり得ます。

visumo social curator for futureshopのサービス概要については、下記URLからご確認ください。
https://www.future-shop.jp/tieup/visumosocialcurator.html

また、2020年7月8日(水)に開催のオンラインセミナーにおいて、本オプションサービスを紹介します。

オンラインセミナー オプションサービス
セミナータイトル7月8日オンライン開催!自社ECサイトの売上アップにつながった 本当に成果の出るインスタグラム活用術と 今、話題の「IGTV」活用術&EC成果事例
開催日時2020年7月8日(水) 17:00~18:00
URLhttps://www.future-shop.jp/session/selection/009165.html
視聴は事前登録が必要です。セミナーページをご確認のうえ、フォームでのご登録をお願いします。

導入費用は、下記の表をご確認ください。

データ連携費用
初期費用25,000円
月額費用10,000円

※上記のデータ連携費用に加え、別途下記の「visumo social curator for futureshop」の料金が発生します。

visumo social curator for futureshop
初期費用50,000円〜
月額費用10,000円〜
  • ※リクエスト数やオプションなどにより、費用が変動します。
  • ※visumo social curator for futureshopをご利用いただくには、別途visumo社「visumo social curator for futureshop」のご契約が必要です。料金の詳細など、詳しくはvisumo社へお問い合わせください。

7月のお申し込み開始時には、あらためて弊社ホームページ上にて告知いたします。

◆「futureshop」について

フューチャーショップが提供するfutureshop(https://www.future-shop.jp/)シリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームです。futureshopはCMS機能「commerce creator」で高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現しているほか、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有しています。

オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」をご利用いただけます。

また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れています。“売上を創るEコマースプラットフォーム”を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、事業者の「やりたいこと」にとことん、応えます。

◆「visumo social curator」について

ビジュアルマーケティングを推進するプラットフォームとして2017年にサービス提供を開始し、既に国内で180サイトを超える企業様にご利用いただいております。

モバイルファースト時代において消費者の情報収集方法は”テキストを読む”前に”イメージを見る”という流れにシフトしており、質の高い”映える”クリエイティブを増やすことは、事業者にとってブランディングや商品訴求において重要になっております。

「visumo social curator」はインスタグラム上の写真検索や投稿者への利用許諾、直感的なCMS機能、クリエイティブを分析する機能等を備え、ビジュアル活用を推進する次世代のクラウド型マーケティングツールとして機能拡張を進めています。

会社概要

株式会社フューチャーショップ
代表者代表取締役 星野 裕子
所在地大阪府大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪 タワーA 24階
設立2010年3月 (株式会社フューチャースピリッツより分社)
事業内容電子商取引(Eコマース)支援サービスの提供
SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」企画・運営・開発
URLhttps://www.future-shop.jp/

本サービスに関するお問い合わせ先


株式会社フューチャーショップ
担当フューチャーショップサポート
本社〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 24階
TEL06-6485-6485(平日午前10:00〜午後5:30受付)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先


株式会社フューチャーショップ
担当野間
本社〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 24階
TEL06-6485-5200(平日午前9:30〜午後6:00受付)
e-mail