サステナビリティ

Sustainability

コマースOneホールディングスは、
社会課題の解決により経済的価値と
社会的価値を同時に創造しようとする
共創価値(CSV:Creating Shared Value)
のアプローチを取り入れ、
事業を通じて持続可能な社会の実現に向け
貢献を目指します。

創業の想い・コアバリュー

テクノロジーを活用する人の
力を
最大化させる
ECプラットフォーム

持続可能なEC市場の発展に貢献し、より安心・安全なEC社会へ─コマースOneホールディングスの願いであり、創業の原点です。ビジョン実現の第一歩として市場のルールが未整備であったEC黎明期、誰もが安心して取引できる市場の創出を目指してTradeSafeを設立し、サイトの信頼性第三者認証事業を開始しました。その後はECサイトの構築・運用を支援するフューチャーショップ、受注・在庫管理を支援するソフテルによってECプラットフォーム事業を確立。今日までEC市場の発展に貢献してきました。

今後も市場の環境整備とEC事業者様の成長支援に取り組み、自らの持続的成長とともにサステナブルな社会の実現を目指します。

ビジネスモデルとサステナビリティ

信頼・安全・安心に基づく
テクノロジー提供する
ビジネスモデルと
レジリエントな事業基盤

ビジネスモデルとサステナビリティ

コマースOneホールディングスではECプラットフォーム事業として、TradeSafeが第三者認証を、フューチャーショップがサイトの構築・マーケティングなどのフロントエンド機能を、ソフテルが多店舗の受注・在庫管理などバックエンド機能を提供することで、EC事業者様が必要とする機能・サービスを提供する独自のビジネスモデルを構築しています。

近年、国連で2030年までに解決すべき「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、気候変動への国際的枠組みであるCOP21「パリ協定」が発効されるなど社会課題を解決してサステナブルな社会を構築するための動きが加速し、企業にも積極的な対応が求められるようになりました。今後サステナビリティの重要性がますます高まると予想される中、コマースOneホールディングスとしても長期的な企業価値の向上に向け、サステナビリティの観点を経営に組み込み、社会課題の解決に対し積極的に取り組んでいく必要があります。このため「環境に配慮した事業運営」、「個の成長による組織力の強化」、「DXで業務効率化/時間創出」、「適切な情報開示とステークホルダーとの建設的な対話」をテーマに掲げ、ビジネスモデルの進化・深化に努めています。

価値創造

社会の持続的発展を支える
ECインフラの創出

価値創造

コマースOneホールディングスでは、安心・安全な市場の創出がEC発展のために不可欠と考え、認証サービスではネットショップの第三者認証機関の国際連携組織WTA (World Trustmark and trade Alliance)に加盟し、EC事業者様に対し一貫した評価と保証を行うなど消費者様とEC事業者様が安心して活動できる市場環境の整備に取り組んでいます。
また同時にECサイト運営支援サービスでは、自由度が高くカスタマイズが可能なサイトの構築、自社に最適化したマーケティングなどEC事業者様と伴走するサポート体制によりサイトの成長戦略を長期にわたり支援しています。

これらの取り組みを通じ、安心・安全なEC市場の構築という社会価値の創出と、EC事業者様の競争優位性の向上との両立を図り、双方の価値を共に向上させていくことが「社会の持続的発展を支えるECインフラ」という新たな価値の創造につながると考えています。

形成される未来

誰もが自己実現を追求できる
フェアでオープンな社会の実現

価値創造 価値創造

時間や場所の制限がない、商圏が大きい、取引が効率的─など多くのメリットにより急速な成長を続けるECですが、特に海外に比べてEC化率が低い国内では拡大余地が大きく、今後も成長は加速すると期待されています。コマースOneホールディングスでは、ECの普及・定着により従来の商品取引、流通の幅は大きく拡がり、新しいビジネスチャンスに満ちたフェアな社会の実現につながるものと考えています。私たちが目指すECインフラという新しい価値の創出により、EC事業者様は自由に活躍できる場を得て経済的な成長を実現し、さらにEC事業者様の向こうに存在する消費者様を含む多様なステークホルダーの皆様は豊かで公正な社会を享受することができます。

これらの取り組みによりコマースOneホールディングスは、社会に貢献し、信頼される企業であることを目指しています。

貢献可能なSDGs