IR情報

最新決算報告

IRカレンダー

IRカレンダー
IRカレンダー
IRカレンダー

IRニュース

業績ハイライトValue Creation

  • 売上高
  • 営業利益
  • 当期純利益
新型コロナウイルス感染症の影響による昨年度までの急激な市場拡大には一服感はあるものの、海外に比較して低い日本のEC化率の拡大の余地は大きく、Eコマース市場の成長ポテンシャルは非常に高いと考えられる。また主要なグループ会社である株式会社フューチャーショップおよび株式会社ソフテルの2社において重要な経営指標である、GMV、契約店舗数、ARPU、開発売上総額、ストック売上は各社増加ペースは多少鈍化・減少している指標があるものの、概ね堅調に推移。

売上高(百万円)

単位:百万円

フューチャーショップの契約件数・ARPU・流通総額は、急激な市場拡大の一服感に伴い緩やかになったものの継続し、成長。ソフテルにおいても引き合い増加・受注拡大継続である一方、長期大型案件の遅延による工数増加のため粗利が低下。継続的な収益増加を実現する一方、広告宣伝費、減価償却費の増加や、人員拡大、オフィス環境向上等による将来の成長を可能にする先行投資を実行したため、増収減益。​​今後もグループ各社の独自性のある経営を重視し、より迅速な経営判断のできる体制を確立して業界の急速な変化に対応できるように努め、さらなる中長期での企業価値向上を目指す。

営業利益(百万円)

単位:百万円

継続的な収益増加を実現する一方、主に減価償却費の増加、人件費等の先行投資により減益。ECプラットフォームとしての独自の強みを活かし、増収増益を目指す。

親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)

単位:百万円