NEWS

futureshopで新たに5つのAPIを公開。物流システムなどとの連携が容易になりました。

トップページニュース

futureshopで新たに5つのAPIを公開。物流システムなどとの連携が容易になりました。

2020.12.01

futureshop ニュース

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」、オムニチャネルに対応SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop omni-channel」(以下、futureshop)では、下記5つのAPIを新たに公開しました。

  • ・ 認証API
  • ・ 在庫検索API
  • ・ 在庫更新API
  • ・ 受注検索API(発送・入金ステータス)
  • ・ 発送API

APIを利用することで、futureshopで受注された商品は物流システムにてAPI経由で受注処理、出荷処理を行えます。その他のシステム、例えば受注管理システムや基幹システムとの連携などにもAPIがご利用いただけます。

受注情報の取得が行える受注検索APIの公開は、多くのEC事業者さま、また、EC支援事業者さまからご要望をいただき、今回実現いたしました。futureshopでは、APIの開発・公開を通じて、futureshopとその他のシステム連携をさらにスムーズに行えるよう、今後も取り組んでまいります。

新たに公開するAPIの概要は下記をご確認ください。

APIの種類概要
認証API各API利用のために必要なアクセストークンの発行
在庫検索API商品情報の検索、取得(※)
在庫情報の取得
在庫更新API在庫情報(通常在庫数、予定在庫数、予約在庫数)の更新
なお、定期在庫数、実店舗在庫数の更新は現在ご利用いただけません。
受注検索API(発送・入金ステータス)受注情報の取得
発送API送り状番号などの登録・発送ステータスの更新

(※)在庫検索APIでは商品情報の一部を取得できますが、呼び出し回数に制限がございます。(1秒間に1回) そのため、ECサイトやアプリでの画面表示の用途にはご利用いただけません。

なお、現在公開中の「受注ステータス更新API」「入金ステータス更新API」「発送ステータス更新API」
「送り状番号更新API」「在庫更新API」とは仕様が異なります。
詳細な仕様は、下記オンラインマニュアルをご確認ください。

▼オンラインマニュアル
URL:https://www.future-shop.jp/manual/api/api.html

APIのご利用には、下記URLからお申し込み(開発者登録)が必要です。
URL:https://pro.form-mailer.jp/fms/c67bab58210392